Q&A

不動産、住宅、税金、補助金に関す事をるQ &A形式でご説明いたします。

  • Q.リノベイトは土地や中古住宅を探してくれる会社なの?
  • A. お探しします。
    あなたやご家族の希望やライフスタイルに合わせた物件選びをサポートします。
    新築に適した土地や「中古+リノベーション」に適した物件などの情報をご提案いたします。

    リノベイトは通常の不動産会社とは違い、物件探しからリフォーム・リノベーションもできる
    「住いのコンシェルジュ」とお考え下さい。
  • Q.マンションのリノベーションはできますか?
  • A. 出来ます。
    まず、マンションのインスペクション(現地調査)をいたします。
    ※構造的制約…コンクリート躯体の部分・柱・梁は撤去できません。
     (上記箇所はマンション住民の共有物の為)
    ※設備的制約…給排水位置・配管移設・配管ダクトの位置変更が可能か、管理会社に問い合わせて、
     位置変更が可能か確認いたします。
    ※マンション管理規約による制約…フローリングの遮音性能が決められていたりします。
     また、工事の時間帯や搬入の制約など規則があります。

    ※ご希望のマンションが有れば、速やかに既存住宅状況調査技術者が現地調査に参ります。
    ※現地調査をもとにプランニング提案をいたします。
  • Q.家・マンション購入はどんな流れで進むの?
  • A. イベント参加や物件問い合わせをいただいた後、お客様のご要望(未来生活)を
    どんな形でお応えできるか、しっかりとお客様のライフスタイルや生活環境などを考え、
    最善なプランをご提案いたします。
    打ち合わせを経てプランが決定すれば、ローン申込み、契約、工事に入り、完成、引き渡しとなります。
    期間としては最短でも6ヶ月とお考え下さい。
    詳しい内容は当ホームページの「フロー(流れ)」ページをご覧ください。
  • Q.頭金ゼロでも家が買えますか?
  • A. 頭金ゼロで住宅資金の全額を融資で準備される方が増えています。
    各金融機関よって審査基準は異なりますが頭金ゼロでも融資する金融機関が多くなりました。
    (詳しい内容はお問い合わせください。)
  • Q.中古住宅にもローン減税、補助金制度はありますか?
  • A. ローン減税はあります。但し、制度を利用するには住宅の要件があります。
    1.中古住宅を購入した場合
     ① 取得の日から6カ月以内に自己の居住の用に供すること。
     ② 床面積が50㎡以上であること。
     ③ 居住用と居住用以外の部分がある場合、床面積の2分の1以上が居住用であること。
     ④ 下記のいずらかに該当すること。
     イ・建築されてから20年以内の家屋であること。(耐火建築物は25年)
     ロ・築後年数にかかわらず、新耐震基準に適合することが証明されたもの
       又は既存住宅瑕疵担保責任保険に加入しているもの
    2.住宅の増改築等をした場合

    A. 補助金制度あります。
     2017年度補助金制度「住宅ストック循環支援事業」「長期優良住宅リフォーム推進事業」
     「すまい給付金」等が主だった中古住宅補助金です。
     上記の補助金には、給付要件が有りますのでリノベイトにお問い合わせください。

    【減税・給付金について】分かり易く書いてあります。
     住宅ローンや給付金について http://www.gov-online.go.jp

    【住まい給付金について】
     すまい給付金事務局 http://sumai-kyufu.jp/ 0570-064186(9時00分~17時00/土・日・祝日含む)
  • Q.購入価格以外にどんな費用がかかりますか?
  • A. 目安として中古リノベーション物件で、物件価格の6%~10%
    印紙税、固定資産税、不動産取得税、登記免許税、司法書士報酬、住宅ローンの事務手数料、保証料、
    火災保険料、地震保険料、団体生命保険、仲介手数料(当社が売主の場合、仲介手数料は無料)

    これだけではありません!引越代、カーテン代、インテリア家具、家電購入がかかると考慮し、
    まとまった金額を用意しておく必要があると思います。

    坪生町のA様は、購入価格と保証料や登記費用などの、決済に必要な諸費用も融資金額に含めて
    借入れされました。
  • Q.工事中の事故は誰が保証してくれるの?
  • A. 安心の保証制度が充実しています。
    工事の着手からお引き渡し後までトータルで補償を行う、3つの制度に加盟しています。